テニスの楽天ジャパンオープンが有明テニスの森公園で行われている。前回優勝の錦織圭はシングルス1回戦でオーストラリアの選手に逆転勝ちした。第1セットを落とし、第2セットも2-5と追い詰められ錦織は「負けたと思った」と。だが、相手のミスを待つプレーで第2セットを取り、第3セットは立て続けにサービスエースを決めて振り切った。相手は勝ったと思ったろう。そこがテニスの怖いところだ。皆さんも勝つまで気を抜かないようにね。

 昔のジャパンオープンは、田園調布の田園コロシアムで開催され、私が大学生の時にセンターコートで審判をした。1番辛い主審、次に副審。楽なのは線審の中でもサービスラインだ。サーブだけジャッジしたら後は選手のプレーが見れるからだ。副審に配置されたが、サービスラインのジャッジに代わってもらった。そのおかげでローズウォールのプレーをじっくりと観察する事が出来た。今でもそのプレーが頭に焼き着いている。

  コスモスが綺麗に咲いていた。もう10月だよ。

                        ONO